ホーム > 現金化 > クレジットカード換金のリスクについて

クレジットカード換金のリスクについて

その日のうちに現金を手に入れるために、クレジットカード換金をすることのリスクなのですが、 実は、クレジットカードの利用規約違反になる行為であることが考えられなくはありません。
客の立場からすると、買ったけどキャンセルしたいけれど、キャンセル料金が大抵30%くらい発生してしまうことがあるので、売ってしまおうというモノではないので注意が必要です。
最初から売るつもりで買っている転売屋さんと客が分かれます。
でも、両者の違いが曖昧なところから、法律で厳密には規定されていないのです。
危ないというと、一体どんな点から危ないという注意喚起があるのかというと、クレジットカードを解約させられてしまうかもしれません。
また、利用料金の一括返済を求められます。
それから、債務整理ができなくなるというデメリットがあるのです。
規約では完全に禁止されているのですが、手数料の無駄から売りに出してしまうという方が少なくないのも実情です。
いきなり回数券を購入してショッピング枠まで使い切っていたら、かなり怪しい感じがしますね。
怪しい購入行動があれば、すぐにバレてしまうようになっているのが、クレジットカード会社になります。
最も、利用客の多くは、一般的にショッピングでクレジットカードを使いたいという方が大半になりますが。
裁判官の心証が良くないので、債務整理の裁判などで、不利になってしまうので、カード会社などのイメージに傷がつく行為になるのです。

ネオギフトの評判はこちら


タグ :